下肢静脈瘤の人に現れる症状

足の痛みが出る

下肢静脈瘤になると、足が痛むという症状がでる人もいます。基本的には静脈瘤が発症している部分に現れるのですが稀に症状とは関係のない部分に出ることもあります。そのため、膝をぶつけたり変形したりしていないのに痛みがあるという場合や、股関節付近が痛くなるとい症状が出ることもあるのです。

かゆみが続く

虫刺されや、かぶれなど痒みの原因になりそうもない症状は出ていないのに長期的に痒みが続くという場合は下肢静脈瘤を発症している可能性があります。下肢静脈瘤になると、足がうっ血状態になるため徐々に老廃物が蓄積されていきます。老廃物が溜まっていくと皮膚の状態も悪くなってしまい痒みという症状が現れてしまうのです。

足の血管が目立つようになる

この症状の現れ方は、下肢静脈瘤の種類によって異なります。伏在静脈瘤の場合は、足の血管がコブ状に浮き出てしまいボコボコと目立つようになってしまいます。そのため、蜘蛛の巣状静脈瘤や網目状静脈瘤よりも判断しやすいでしょう。

看護師