気がついたら足の血管が目立つようになっていた・・・

自分では気がつかないうちに、足の血管が目立つようになり下肢静脈瘤を発症してしまっているというケースも少なくありません。そのため、どういった人がなりやすいのか知っておきましょう。そうすることで早めに気がつくことができます。

下肢静脈瘤の治療方法

保存的治療

この治療方法は、薬も手術も使わずに治していきます。そのため、下肢静脈瘤を根本的に治すことは難しくいと言われています。しかし、症状をやわらげる事や軽い症状の下肢静脈瘤の悪化を防ぐことはできるため重症ではない人なら効果を実感することができるでしょう。生活習慣を見直して正しく生活するという事と弾性ストッキングを着用するという方法です。下肢静脈瘤を発症してない人でも予防方法として利用することができます。

硬化療法

硬化療法は、下肢静脈瘤を発症している部分に硬化剤というものを投与します。硬化剤を患部に入れて血管を固めることで、その部分の血管が消滅し下肢静脈瘤の治療に繋がるのです。固まった血管は、半年程で体に吸収されていくため徐々に足の血管が目立つようになっていた部分を薄くすることができます。施術時間は10分程度と短いため、体への負担もあまり心配ないと言われている治療方法です。

ストリッピング手術

メスを使って手術を行なうこの方法は、逆流防止弁が壊れてしまい閉じなくなったことが原因で血液が溜まってしまっている静脈を引き抜いて治療します。血管内にストリッパーと呼ばれるワイヤーを通し糸を使うといった手術方法です。全身麻酔や腰椎麻酔をしたうえで手術に入っていたため退院するまでに時間がかかってしまうこともあるため事前に確認しておきましょう。

レーザー治療

ストリッピング手術では、静脈を引き抜くという方法を使いましたがレーザー治療の場合は静脈を焼き切るという方法を使います。レーザーを照射した静脈は塞がってしまい、半年程かけて徐々に体内に吸収されていきます。血管内レーザー治療と体外照射レーザー治療という二つの方法があり、下肢静脈瘤の症状に寄って使い分けることができます。

高周波治療

高周波治療は、血管内にカテーテルを入れてカテーテルの放つ高熱で血管の内側を焼いて塞ぐといった治療方法です。レーザー治療と似ていますが、高周波治療の場合はファイバー先端部分が全体が高熱になるため一気に血管を塞ぐことができるのです。そのため、足の血管が目立つけど手術で傷跡が残ってしまうのには抵抗があるという人に最適です。

下肢静脈瘤の種類を知っておきましょう

巣状静脈瘤

巣状静脈瘤は、皮膚の下にあるとても細い静脈が2ミリから3ミリ程度まで大きくなりクモの巣のように見えるというのが特徴です。巣状静脈瘤は、中高年女性の外側の太ももや膝の内側、くるぶしなどに発症しやすいと言われています。また、他の症状とは違い、静脈が赤紫色に変化し広がっていくという特徴があります。

網目状静脈瘤

網目状静脈瘤は、静脈が0.1ミリから1ミリほど大きくなり網目状に広がっていくという特徴があります。症状は足全体に広がってしまうケースもあるため足を出すのに抵抗を感じてしまう人も少なくありません。青色に近い色で血管が大きくなっていくため直ぐに判断することができるでしょう。

伏在静脈瘤

伏在静脈瘤は、伏在静脈にも存在する逆流防止弁が壊れてしまい血液が逆流することでふくらはぎや太もも、すねや膝などの足の血管が目立つようになります。血管がコブ状に浮き上がってしまうため、見た目で直ぐに判断することができます。また、症状が進行してしまうと湿疹や色素沈着などが現れる場合もあるため気がついたときは、直ぐに病院に行きましょう。

看護師